DESIGN

デザイン

Architectural Design

宿里高介

株式会社JIN建築設計
一級建築士・設計部長 宿里高介
Kosuke Yadori

この地に建つ理想の「邸宅」を想像したとき、心に浮かぶ光景は落ち着いた街並み、堂々とした趣を
持つ建築。街に溶け込み、さらにその品位を際立たせる建築造形を追求しました。悠然と佇む重厚感と
壮麗な美しさを描く意匠性にもこだわり、風格も持たせながら、伸びやかで直線的なシルエットを創造。
まさに思い描いていた「邸宅づくり」への意欲をかきたてるプロジェクトです。

01シャッターゲート付全戸分の平置き駐車場

ゆとりの敷地を活用し、ストレスなくスムーズに車を出し入れできる平置き駐車場を採用。機械式駐車場をなくす事で、将来の維持管理費も大きく抑えることができます。入口にはシャッターゲートを完備。愛車を大切に保管できる設計となっています。

02敷地を活かした歩車分離設計

人と車を分離するだけでなくエントランス横の緑の遊歩道は車イスに配慮したなだらかなスロープにしています。ご高齢の方やお子様にも安らぎのある導線を確保しました。

03陽光に包まれる南向き

明るい日差しを満喫するために、閑静な住宅地となだらかな傾斜地を最大限活用し、全邸南向きのプランニングを実現。南面バルコニーとリビングには、明るい陽光が降り注ぎ日々の暮らしをより豊かにします。

04潤いをデザインする植栽計画

美しい街並みを守る「建築協定」区域に隣接し、地域と住民が環境との調和を願う平尾四丁目エリア。四季折々の表情に心癒される緑を、敷地内やアプローチにコーディネートしました。

奥行きある造形が、素材の良さと響き合う。

都市でありながら、季節の流れを風景に変える平尾四丁目。
緑の街並みと調和する落ち着いたアースカラーを基調に、空を美しく切り取る優美なフォルムや奥行きを感じるデザインにこだわりました。
住まう方の美意識と共鳴する風格、そして気品を醸し出す景観です。

緑のアプローチ

季節の移ろいに心を癒される緑のアプローチ

細やかに計画された外観計画
ラウンジ

間接照明が照らし出すラウンジ。

Material Plan

タイル

例えば繊細に創り込まれたタイルは、光の加減で陰影が生まれ、触れたくなる温かみがあります。
時を経ても変わらず、風合いを増してゆく素材だけを厳選し、この街と調和しながら歳月を重ねる姿勢を表現しました。

PAGE TOP